持つのに適した名刺の枚数に対する考え方

名刺印刷を自分でしたり持ち歩いたりするときには何枚あったら良いのかと悩みがちです。最適な枚数が決まっているわけではなく、色々な考え方をすることができるので、どの着眼点が自分に合っているかを考えて枚数を決めるようにしましょう。

安さと効率を重視する考え方

名刺印刷の枚数を考える上で安さと効率を考えるとできるだけ多くするという結論に達します。一度作成した名刺が使えなくなってしまうまでに必要と考えられる枚数を想定して大量発注した方が単価が安くなることに加えて、印刷業者とのやり取りも一度きりで済ませることができるからです。そして、不足しないように数十枚を常に持ち歩いていれば気兼ねなく渡すこともできて失敗をするリスクが少なくなります。印刷しすぎが最も問題になりやすいことであり、どのような立場で社外の人と接点を持つかによって必要な枚数は大きく変わるでしょう。自分と同じ立場の人にどのくらいの名刺を使用しているかを聞いて必要枚数を想定して印刷を依頼するのが賢明です。

ストックを少しだけ用意する考え方

単価は高くなっても無駄に大量にストックしないでおいて、必要なときに印刷すれば良いという考え方も可能です。普段から持ち歩く枚数を十枚前後にしておき、少しだけストックを用意してストックが無くなったら注文するという方法はよく選ばれています。オンデマンド印刷に対応している業者に依頼しておくことで手間をあまりかけずに何度でも同じ名刺印刷してもらうことが可能です。最低枚数が50枚や100枚というケースが多いので、それをストックの枚数とするのが典型的と言えるでしょう。自分で印刷をする場合には持ち歩く枚数とストックの枚数を同じ程度にするという人もいます。余分なストックを保管するスペースが不要で、印刷しすぎの心配も少ないのがメリットです。

ストックは一切持たない考え方

名刺は自分で持ち歩く分だけにするというのもよくあるパターンの一つです。ストックは一切持たないとすることでストック切れを起こしたのに発注を忘れたというリスクを無くすことができます。少し多めに持ち歩く人が多く、50枚前後の名刺を普段から持っている人もいるでしょう。この場合にもよくオンデマンド印刷が用いられますが、それと合わせて即納の印刷業者に依頼していることが多いのが特徴です。大量に必要になって減ってしまったときに即日で送ってもらえるサービスがないと必要なタイミングで名刺が足りないという状況に陥るリスクがあります。それを見越して即日発送や翌日仕上げといったサービスをしている印刷業者を選んでいるのが特徴です。