名刺印刷にはどんな方法がある?

初対面の人に対して自分をPRする名刺は最近では会社や起業している人たちだけでなく、一般的な友人関係においても利用されているアイテムでもあります。そんな名刺を個性的で効果的にPRできるものとして作るにはどのような方法があるのでしょう。

一番手軽で名刺以外にも使える名刺の作成方法

名刺を作成する際に一番手軽なのが自分で作成する方法。パソコンで自作する名刺印刷用の用紙を購入するとそれと一緒にテンプレート用のURLが記載されているので、そのテンプレートを利用することによって自分好みの名刺を簡単に作成することができます。このテンプレートは名刺などのほか、スタンプカードなどのテンプレートも用意されているので、名刺以外のバリエーションが豊富なのも特徴。名刺と併せてスタンプを押せる裏面が欲しい場合などの、店舗用名刺などにも非常におすすめです。ただ、自分で作成するデメリットとしてはカラーで作る場合には特に、インクの減りが多くなってしまうこと。量を大量に作成したい場合には、コスト面も併せて考えなければならないでしょう。

デザインが心配な場合におすすめの方法!

通信販売を行う印刷会社によっては、様々なデザインの名刺印刷の見本が準備されており、それに自分の名前などを埋め込むように入れてくれる業者も。このような業者での注文の良い点としては、デザインが分かりやすく自分で作成するよりも間違いが少ないという面です。また、どのような名刺印刷ができるか不安な場合や、それほど量が必要ではないといった時にお試し枚数で発注できるのも魅力。一般的には一回の注文ロットが100枚と言われる印刷会社でありながら、お試しは20枚から発注できたりするため金額も負担が少なく安心です。この方法であれば紙質なども自分の要望が叶えられることが多いので、こだわりの名刺に近いものを作ることが可能となります。

一番安価な名刺印刷方法とは?

自分の個性や要望を叶えた名刺印刷に最も適した方法と言えば、自分で名刺をデザインして印刷会社へ印刷を発注する方法。この方法の利点としてもう一つあるのが、最も安価でたくさんの量を作ることができることです。自分でデザインして発注するのは非常に難しいだろうと思いがちですが、コツを掴めれば意外に簡単。ソフトはパワーポイントやワードなど、比較的扱いやすいソフトで作ることができます。作成したデータは印刷会社のホームページから入稿することによって注文可能。自宅にいながらにしてプロが作ったようなクオリティーの名刺を手にすることができます。この方法で作った名刺印刷のデータは自分のパソコンなどに保管しておくことで、後々の追加注文も非常に簡単なもの。名刺を比較的利用することの多い人には、もっともおすすめの方法となります。